墓地 ソフトボールのピッチング&バッティング 選手がイメージできる指導方法

ソフトボールのキャッチャー

キャッチャーは、グラウンド内での監督です。
唯一、他の選手と逆を向いてグラウンド内を守ります。
ゲームの流れの中で、状況においての判断、指示、etc…
頭脳が常に動いていないと出来ないポジションです。
ピッチャーを引き立て、プレイに対して指示を出す大切なポジションです。

この重要なポジションのキャッチャーをうまく育てることが出来ずにいませんか?
キャッチャーの練習も後回しになって満足に出来ずにいるのではないでしょうか?

キャッチャーを守る選手の意識もとても大切です。
通常の練習以外に、インサイドワークや実践を想定してのシュミレーションなど
時間をふんだんに取る事により成長させていきましょう。

>> このトレーニングプログラムはとても参考になります。


posted by AX7@ソフトボール at 13:24 | ソフトボール指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフトボールのバッティング 打ち方 体験談

投手はいつも同じではありません…
下半身からの回転とねばりが腰まできてその腰の回転が…
ひじを伸ばしてボールを押し出す感じにします。
軸足にしっかりと体重が乗っているか…
1番の練習はやっぱり素振りだと思います。
右手がバットを振る位置合わせを行い、左手で押し出す形…
自信を持って打席で打ってみましょう。

■ ソフトボールのバッティング打ち方は?

体幹 軸がぶれないようにして打ちましょう!!
大切なのは、ボールに当たったあとのフォロースルー。
これを大きくするスイングをしてください。

そうすると打球も伸びるし飛距離も出ます。
バットはボールに対してレベルに近い状態で振りぬいてください。

間違えてはいけないのは、大降りをするのではありません!!

テイクバックは最小限にして、スムーズにバットをレベルで出してきます。
ボールに当たった後のバットの先端はピッチーに向くようにスイングする。
常に意識はセンター返しで振りぬいてください。
そうすればフォロースルーが大きくなります。

まず覚えて欲しいのは、しっかりとボールを打つこと。
これを基本にして次のステップへとチャレンジして欲しいです。

>> このトレーニングプログラムも参考にしてみてください。


posted by AX7@ソフトボール at 16:12 | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフトボールのピッチング 投げ方 体験談

腕だけを使って投げます。それでうでがよく使えてきたら正面から…
「正しいフォームを身につける」事が先決と思います…
肘下内側を腰骨に擦らすことをブラッシングといいますが…
ブラッシングの役割は、リリースポイントを一定させ…
腰が折れている=前かがみになっている…
足を早く動かすことで…
雨の日の練習でバッティング練習で投げたり…

■ ウィンドミル投法でコントロールを上げるには?

とても大事なことは、当たり前ですが正しいフォームで投げることが必要です。
そして安定したブラッシングで投げること。
ブラッシングが安定するということは、ボールのリリースが一定になりコントロールがよくなります。
ウィンドミル投法は70〜80%がブラッシングで決まると言っても過言ではありません。。
このブラッシングをマスターすれば、ボールのスピードも自然に早まるでしょう。

もう一つ大切なのは、下半身です。
足腰が強くないと球速もコントロールもつかないので
ランニングや20mダッシュなどで下半身を鍛えることも大切です。

>> このようなピッチングフォームで投げましょう。


posted by AX7@ソフトボール at 10:55 | ピッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
勝利を勝ち取るソフトボール指導法完全セット
走・攻・守全てにおいて結果を残すソフトボールレベルアップ指導法

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
ソフトボールのカリスマが導き出した。楽しませながら育てるメソッド!!

100キロ以上のストレート!!キレのある鋭い変化球!!
狙って三振がとれるウィンドミル投法とは?

組島流 キャッチャー育成パッケージ
キャッチャーのインサイドワークが変わる、チームが変わる、失点が激減する!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。