墓地 ソフトボールのピッチング&バッティング 選手がイメージできる指導方法: 脇を閉めよう

脇を閉めよう

ソフトボールのバッティングにおいて脇を閉めて打つことも大切です。
両方の脇を閉めて体の回転で打つ練習をしてみましょう。

バットをスイングするときに脇が開いてしまったらボールにうまく力を伝えることが出来ません。
日常生活などでもそうですが、自分の体に近い所が一番力が入るはずです。

例えば…

@腕相撲では、脇があいてしまっているとうまく力が出せない。
A握力計で握力を測定する時も、体に一番近い所でないと力が出ない。
Bハンマー(とんかち)で釘を打つときも、体に近い所がうまく力が入るし正確に打てます。

などなど。

腕力だけでのバッティングは、スイングも乱れがちになります。
そんな力まかせのバットスイングでは、やはり遠くまで飛ばすのはムリなんです。
『 バッティングは力じゃないよ!! 』という言葉をよく聞きますよね。
しっかり脇を閉めて体の回転で打つのが一番効率的です。

回転で打つ為には第一条件が下半身の安定ですので、こちらもしっかりと意識しましょう。

>> ソフトボールのバッティングはこちらも参考になります。

古田さんの練習を参考にしてください。
バッティングのヒントが隠されています。



posted by AX7@ソフトボール at 20:00 | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
勝利を勝ち取るソフトボール指導法完全セット
走・攻・守全てにおいて結果を残すソフトボールレベルアップ指導法

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
ソフトボールのカリスマが導き出した。楽しませながら育てるメソッド!!

100キロ以上のストレート!!キレのある鋭い変化球!!
狙って三振がとれるウィンドミル投法とは?

組島流 キャッチャー育成パッケージ
キャッチャーのインサイドワークが変わる、チームが変わる、失点が激減する!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。