墓地 ソフトボールのピッチング&バッティング 選手がイメージできる指導方法: バントの行い方

バントの行い方

バントの基本は、ボールの勢いをしっかりと殺したごろを確実に転がすということです。
バットの先端もしくは根元にうまくボールを当てるようにしましょう。
バントをする時は、重心を真ん中にして構えて当てる瞬間は後ろ足に体重を
かけることも大切になります。
構えはベース上に目を置いて、膝を柔らかく曲げることを意識しましょう。
バットは、自分のストライクゾーンの高めに構えると良いです。
構えたバットの位置より高く投球されたらバットを引けばいいでしょう。
高めのボールはフライになりやすいので見送ることが大切です。

確実な送りバントはホームから、1,3塁よりにそれぞれ2〜3mの箇所。
そこでボールが止まるように練習をしましょう。ランナーを進めるバントは自分がセーフに
なろうとは思わずにしっかりとボールを転がすことに専念してください。
まずは犠牲バント、サクリファイスバントをキッチリ出来るようにしましょう。

練習はバットを持たずにバッターボックスに入り構える。
正面からボールを投げてもらい、後ろ側の手でボールを取ってみましょう。

タグ:バント
posted by AX7@ソフトボール at 14:17 | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
勝利を勝ち取るソフトボール指導法完全セット
走・攻・守全てにおいて結果を残すソフトボールレベルアップ指導法

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
ソフトボールのカリスマが導き出した。楽しませながら育てるメソッド!!

100キロ以上のストレート!!キレのある鋭い変化球!!
狙って三振がとれるウィンドミル投法とは?

組島流 キャッチャー育成パッケージ
キャッチャーのインサイドワークが変わる、チームが変わる、失点が激減する!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。